セキュリティ対策のお助けサイト

オフィスセキュリティコンシェル
この時期は社員のSNSに注意!「転勤します」発言を未然に防ぐアナウンスを

TOP > この時期は社員のSNSに注意!「転勤します」発言を未然に防ぐアナウンスを

2017/12/18

この時期は社員のSNSに注意!「転勤します」発言を未然に防ぐアナウンスを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OfficeSecurityマガジン

社外秘の辞令が公示されてしまうケースが増えている

ツイッターやフェイスブックなどを利用して、一般のユーザーが簡単に世間に向けて発言ができるようになりました。これは、実際のユーザーの声や感想、現場の声を簡単にキャッチできるというメリットがある反面、企業のセキュリティという面では多大なリスクをはらむものでもあります。

例えば、「大阪支社に転勤を命ずる」という辞令が社員Aに対して出されたとします。
通常、こうした辞令は、正式な発表の前に内示として本人に伝えられることになります。
ところが、この社員Aが即座にインターネット上のSNSで「大阪に転勤になった!」と発言してしまったらどうでしょうか。

社員Aが、日頃からどこの企業に勤めているのかといったことを公にしていなければ問題は少ないものの、本名や勤務先を明らかにしていた場合、公表するべき時期ではない企業内部の情報が、外部に広くアナウンスされてしまうことになります。

 

 

レピュテーションの低下

レピュテーションとは、世間からの評価や評判を示す言葉です。
従業員の安易な行動から企業のレピュテーションが低下してしまうことがないよう、レピュテーションリスクを意識しましょう。

上記のような安易な社内機密の漏えいや、社員の非常識な発言、公式アカウント上での問題のあるやりとりなどは、すべてレピュテーションの低下を招き得るものです。

このような問題を未然に防ぐためにも、日頃から、公式アカウントの運営規約や運用責任者についてしっかり規約を定めるとともに、個人的なSNSの利用の仕方についても意識を高めるよう教育を行うようにしましょう。

 

 

個人情報の漏洩につながる

SNS上での安易な発言は、オフィスのセキュリティ問題にも発展します。
社員の異動情報だけでなく、「有名人が来店した」「○○さんって××らしい」といった、業務上知り得た情報をついついSNSで広く共有してしまうことで、顧客情報が流出するという問題が多発しています。

こういった問題は、いくらオフィスのセキュリティを高めていても、従業員ひとりひとりの意識が低いままでは防げないものです。

SNSでの軽率な発言は、一時的な拡散や共感、話題を得ることと引き換えに、企業を大変なトラブルに巻き込んでしまいます。
SNSの利用の仕方や発言内容について従業員の意識を高めていきましょう。

こうしたSNSのトラブルは、大企業でも起こっていることです。ネット上に一度広がってしまった情報は消えませんし、悪評もいつまでも残ってしまいますから、十分注意するようにしてください。

情報システム管理 マニュアル・テンプレート集 ダウンロード
最新記事
ダウンロード
おすすめ記事