セキュリティ対策のお助けサイト

オフィスセキュリティコンシェル
Q.情報システム担当を雇用できず、総務で兼任しているのですが、正直手が回りません。外注できないですか?

TOP > Q.情報システム担当を雇用できず、総務で兼任しているのですが、正直手が回りません。外注できないですか?

2017/12/13

Q.情報システム担当を雇用できず、総務で兼任しているのですが、正直手が回りません。外注できないですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OfficeSecurityマガジン

Q.情報システム担当を雇用できず、総務で兼任しているのですが、正直手が回りません。外注できないですか?

 

A.外注先として、様々な業種の企業やそのサービスがあります。

現在、会社にPCが1台もない・インターネットにつながっていいないそんな会社はほとんどないでしょう。
社内のIT機器は増え、情報セキュリティに関する要件は厳しくなり、社内ネットワークが複雑化する一方でそれを管理する専用部門を設置できない企業様が多いように思います。

外注先として、様々な業種の企業やそのサービスがあります。

PC運用窓口を代行するサービス
ハードウェア保守サービス
システムインテグレーション
ネットワークインテグレーション  など

 

アウトソーシングを検討する際に、まず以下を明確にしておきましょう。

 

自社の情報セキュリティ対策
自社のネットワーク機器の構成
自社で使用しているシステムやその用途

 

 

また、外注先に任せる範囲の策定も重要です。

 

初期導入/機器構成
リプレース
運用保守(窓口対応/定期保守/障害対応)

 

現状を把握し目的を明確化することで、業務のアウトソーシングが成功につながります。

自社での策定が難しい場合、ざっくばらんに話せるIT機器取り扱い業者に相談に乗ってもらうことも近道の一つだと思います。

情報システム管理 マニュアル・テンプレート集 ダウンロード
最新記事
ダウンロード
おすすめ記事