セキュリティ対策のお助けサイト

オフィスセキュリティコンシェル
PC監視でファイル操作を監視することの効果

TOP > PC監視でファイル操作を監視することの効果

2017/10/30

PC監視でファイル操作を監視することの効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OfficeSecurityマガジン

近年、あらゆる企業ではPCの監視が当たり前となりつつあります。しかし、現時点でPCの監視を導入していない企業にとっては、導入する利点や必要性がなかなかイメージしにくいのではないでしょうか。

導入にかけるお金は決して安くはないため、高い効果が得られないのであれば、導入を躊躇してしまう企業がほとんどであると思います。そこで、今回はPC監視によって得られる効果について詳しく見ていきましょう。

情報の持ち出しを発見

企業にとって絶対に避けたいのが、情報漏洩や個人情報の流出ではないでしょうか。企業の秘密が外部に漏れてしまうことは今後の運営に支障をきたす可能性があります。最悪の場合、他企業に自社商品や開発内容を模倣されたり、悪用されたりして、売り上げの低下や倒産などのリスクも生じるでしょう。そのため、企業にとってプラスになるということは基本的には考えられません。

また、個人情報の流出は、社員の個人情報流出だけでなく顧客情報まで外部に漏れてしまった場合、企業の信用に関わる大問題に発展してしまうことがあります。
現在は企業の規模に関わらず、個人情報の管理は徹底されているにも関わらず、個人情報が流出してしまうケースが後を絶ちません。

PCの監視を導入することによって、どのようにして個人情報が流出してしまったのかをチェックできますし、リアルタイムで社員の動向を常にチェック、把握することが可能です。これらは、安全に情報を守るうえで非常に重要なポイントなのではないでしょうか。 そうした企業の大切な情報を守るためにも、PCの監視は大きな役割を果たしてくれるのです。

業務上不適切な動きもチェック

社員が業務時間中に不適切な行動をとっていないか、きちんと業務を進めているかなど、こうした社員の動向についてもチェックできるのがPCの監視の魅力です。
一昔前までは、窓際席の社員は業務中にPCゲームをやっている、などと話題になったこともありますが、PCの監視はそうした業務と関係のない行為を防ぐためのツールとしても活用することができます。

さらに、近年ではツールも様々な進化を遂げ、細部にわたってチェックができるようになってきています。例えば、これまで解析が難しいとされていた外部とのメールのやり取り、ファイルの転送、SNS関連の投稿など、こうした動向についても監視出来るようになってきたのです。

どのようなメール内容を送信しているのか、SNSでどんな内容を書き込んだのかなどについては社員全員分を把握しておくのが理想です。 一時期、TwitterやフェイスブックなどのSNSの普及に伴い、企業の内部情報をSNSに投稿したり、就業中の不適切な内容を投稿したりするアルバイターや社員が急増し企業に損害を与えるとして問題視されていました。こうした問題を未然に防ぐ対策としてもPC監視ツールは活用することができるでしょう。

システムを導入することで社員の意識も向上

PC監視システムについては、現在半数以上の企業が導入しているといわれていますが、その一方で規模の小さい企業はまだまだ導入が追いついていないのが現状です。

システムの導入によって、社員の責任感を向上させるのはもちろんのこと、思わぬトラブルや万が一の不正などが起きた場合に、原因を突き止めやすいという利点があるため、監視という目的だけでなく、安全な企業の運営としてもPCの監視は重要な役割を果たします。

企業にとってPCの監視で得られる利点は多く、情報を保護する効果、社員の意識向上を高める効果については非常に高いと言えるでしょう。 現在、PCの監視サービスはとても多くの種類が展開されています。そのため、自社に合ったシステムを選択し、導入することが重要です。

最新記事
ダウンロード
おすすめ記事