はじめての入退室管理|セキュリティ対策のお助けサイト

オフィスセキュリティコンシェル
HOME > はじめてシリーズ > はじめての入退室管理

はじめての入退室管理

情報流出を未然に防ぐために

はじめての入退室管理

一般的なオフィスでも、高性能の入退室管理システムが必要な時代です。

入退室管理システムのニーズが高まる理由

「入退室管理システム」と聞くと、特定企業の研究開発室やサーバールームなど強固なセキュリティが求められる室内に導入されるイメージはありませんか。
しかし、最近はオフィスでも入退室管理システムを導入する企業が増えています。それは、個人情報保護法や金融商品取引法の内部統制強化、さらにはマイナンバー制度導入などを受け、一般的なオフィスでも高いセキュリティ設備が必要になってきているからです。

入退室管理システムのニーズが高まる理由

入退室管理システムがないと…

  • 情報漏えいなどのリスクが高まります。

    誰でも侵入できるため、盗難や情報漏えいのリスクが高くなります。

  • マイナンバー管理制度に違反のおそれが。

    マイナンバーの情報を適切に保管・管理していなかったとして罰せられることもあります。

  • 公的セキュリティ認証が取得できない可能性。

    プライバシーマークやISMSなどのセキュリティチェックに該当する可能性があります。

入退室管理システムの種類

現在、入退室管理システムにはさまざまなタイプが登場しています。 ここでは、大きく3つのタイプを紹介します。

TYPE1

もっともシンプルな入退室管理システム

認証装置にカードキーを当てるとドアが解錠する、もっともシンプルな入退室管理システムです。
認証装置や電気錠制御盤にカードキーの登録を行い、そのカードを持っている人であればいつでも誰でも解錠できます。

【デメリット】

  • 入退室履歴までは把握できず、従来の鍵との差がありません。
  • 法規制への対応やセキュリティ認証の取得が困難です。
  • 勤怠管理や所在確認といった機能拡張ができません。
もっともシンプルな入退室管理システム

TYPE2

入退室履歴を保存するタイプ

認証装置や電気錠制御盤をネットワークでつなぎ、管理用のパソコンやサーバーで操作・設定が行える入退室管理システムです。
「いつ」「誰が」入室し、いつ退出したかまで入退室の履歴が残せます。

入退室履歴を保存するタイプ

【デメリット】

  • 管理用のサーバーまたは専用のソフトウエアが必要になり、導入費や維持費が高くなります。
  • 登録ユーザー数やドアの数などに制限があり、増員・増設ができないことがあります。
  • 支社の社員が使うカードキーが使えないなど、拠点間の連携ができないことがあります。

TYPE3

クラウド管理もできる入退室管理システム

認証装置や電気錠制御盤をネットワーク(インターネット端末)またはクラウドサーバーで管理する入退室管理システムです。
管理用サーバーや専用ソフトウエアが不要なため、導入費や維持費を抑えられます。
入退室履歴はカードリーダー内に保存。パソコンやスマートフォンなどのウエブブラウザからカードリーダーへアクセスし、入退室履歴の確認やユーザー登録などの管理や設定を行います。

クラウド管理もできる入退室管理システム

クラウド型の入退室管理システム「iDoors」のメリット

  • ユーザー情報や入退室履歴を自動でバックアップ。各種データのCSV出力も可能です。
  • 登録ユーザー数は最大20,000人、管理ドア数の制限はありません。
  • 遠く離れた複数拠点の入退室管理も一括で行うことができます。
  • タイムカード機能や所在確認機能など、多様な機能を付加することも可能です。
  • 公的セキュリティ認証にも対応可能(認証取得実績あり)。